« あと少しで♪ | トップページ | メールアドレスの変更について »

2011年6月 1日 (水)

瓦礫の中の南気仙沼小学校。

こどもカメラマンプロジェクトの主役、南気仙沼小学校は

前にも書いたとおり、現在気仙沼小学校に間借りしています。

教頭先生に打合せの後時間があるなら、是非南気仙沼小の校舎を見てきてください。

と言われ私たちは向かいました。

気仙沼小のある高台から海へとのびる坂道を下ると、

すぐに景色が変わり始めました。


倒れた電信柱、

押し曲げられたお店のシャッター、

ぐにゃりとつぶれたたくさんの車・・・・


魚の腐った臭いと、徐々に増えていく瓦礫で埋められた場所。

散々テレビで観たのに、私のちっぽけな想像なんて遥かに超えた状況でした。

この「瓦礫」と呼ばれている一つ一つは、ゴミなんかではなく

この土地の人々の生活だった。

大切な家で、大切な思い出で、生きてきた証だったんだと思うと、

足の裏から震える程のやるせなさを覚えました。


「津波さえなければ」



そう言った地元の人の顔が何度も浮かびました。












南気仙沼小は大川のすぐ横にありました。

2011516_182

一見なんでも無い様に見えますが、1階はほぼ海水で埋まり、
子どもたち350人と先生たちは周辺の水が引くまで、ここで完全に孤立しました。

2011516_119

近くの空き地に流された朝礼台。

2011516_123

体育館は泥だらけなのに、
子どもたちの声が聞こえてきそうな感覚がありました。

2011516_132

ここから送るはずだった卒業生達へのメッセージ。


2011516_135

2011516_136

卒業生に贈られたメッセージ

「心に太陽をもて  くちびるに歌をもて」

2011516_143

2011516_149_2

2011516_157

先生たちにとっても、大切な大切な予定で埋まっていました。

2011516_162

2011516_176

2011516_138

「こどもカメラマンプロジェクト」は、被災地が復興するまで続けていくプロジェクトです。

南気仙沼小のこどもカメラマンプロジェクトは、

「南気仙沼小」で最後を飾ることが「復興した」ということだと思うので、

ここで最後の写真展をやれたらいいなぁと思っています。


建物は残っていても、今もなお周りは瓦礫の山です。

子どもたちの安全を守れる状態ではありません。

一日でも早く自分たちの校舎へ子どもたちが戻れるよう、

一日でも早く子どもたちの心が解きほぐれるよう、

私たちはできることをやりたいと思います。

まずは第一回の写真展をめちゃくちゃ楽しく開催しようと思います♪

写真を展示して下さる、レストラン・カフェ・ギャラリーさんを
随時募集しています!

ご紹介頂ける方、こちらまでご連絡お待ちしております!
ngo_commune@yahoo.co.jp(石原まで^^)



よろしくお願いします☆

« あと少しで♪ | トップページ | メールアドレスの変更について »

こどもカメラマンプロジェクト」カテゴリの記事

コメント

南気仙沼小出身です。ブログのあの朝礼台見て涙が止まりません。残ってくれたんだなって。映してくれてありがとう。
それと瓦礫を生活していた場所だって考えてくれてありがとう。テレビ等で瓦礫の撤去等と騒いでいるけど、(それはしなければいけないのはわかっています。)私達が生まれてからずっと住んで守ってくれた家だったんです。それが、目の前であっという間に無くなってしまった。だから、瓦礫の撤去しなければいけないが、それすら心が痛いんです。
私は今は気仙沼を離れて生活しています。これからの気仙沼の様子を見たいのでよろしくお願いします。

まゆさん^^

コメントありがとうございます。
まゆさんからのコメント、本当に嬉しかったです!
南小を知らない方だけでなく、南小の子供達や卒業生、関わる色んな方々に
小さくても何かを届けることができたら、このプロジェクトはもっと意味のあるプロジェクトになると思っています。
これからも私たちの小さな活動をどうか、見守っていてください。
よろしくお願いします!

はじめまして!南小OBで今は仙台で写真撮りをしているものです。

3.11以降、気仙沼や志津川、その他の沿岸部へ支援活動を続けておりますが
偶然、見つけたこちらの「こどもカメラマンプロジェクト」とてもステキだと思います。
実は僕も千葉教頭とは何度もお会いし、お世話になっております。
あの先生めんこいから放っとけないですよね(笑

現在、僕達がすすめているプロジェクトや気仙沼の復興へ向けて日々奔走している
グループを紹介させていただければと思いますが、いかがでしょうか?

お約束はできませんが、何かしらのお力になれるかもしれません。
よろしければメールにてご連絡をいただければと思います。
お返事、お待ちいたしております。   Linkleman.

Linklemanさん^^

コメントありがとうございます♪
Linklemanさんも南小出身の方なのですね!
嬉しいです^^
(千葉先生、本当に温かい&面白い先生ですよね~☆大好きです!)

そして私たちの活動に興味を持って下さり、ありがとうございます。
ましてや南小のOBの方に応援して頂けるなんて、
それだけで大きな力になります。ありがとうございます。

メールを送りたいのですが、どこに送れば良いでしょうか?
「codomo.cameraman.project@gmail.com」にメールをくださっても構いませんので、
再度ご連絡いただけると嬉しいです。
よろしくお願いします^^


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 瓦礫の中の南気仙沼小学校。:

« あと少しで♪ | トップページ | メールアドレスの変更について »