« パクチーハウスさんでの初の土日展示終了しました!―スタッフくさなぎのレポート― | トップページ | こどもカメラマンプロジェクト写真展 in paxi house ☆しげちゃんレポート☆ »

2012年7月17日 (火)

「がんばっている気仙沼のみなさんへ。」そして気仙沼おすすめショップ。

このブログでこれまでお伝えしている通り
「こどもカメラマンプロジェクト」では写真展会場で募った募金をどのように使うか、
カメラマンである南気仙沼小学校5年生の子どもたちが考えて決定しています。


2011年5月~2012年3月までの展示会場で募った募金の使い道は
大きく分けて3つありました。


ひとつは、南気仙沼小学校(現在は閉校し気仙沼小学校と統合しています。)の
全学年全クラスにボードゲームを贈る、そして5年生で作った豚汁をふるまう。
という、南小を元気にすること。


ふたつめは、ユニセフと気仙沼に寄付する。です。
震災前に学校でユニセフへの寄付を募ったことがあるそうで、同じような年ごろの子どもたちへ何かできるのでは?と子どもたちは考えました。

気仙沼への寄付先は、
「気仙沼復興商店街・南町紫市場」さん、
「復興屋台村・気仙沼横丁」さん、
「気仙沼鹿折・復幸マルシェ」さん、
「気仙沼市唐桑地区復興支援共同体」さんです。
(今後の展示会場で募った募金はこちらとユニセフに寄付します)


みっつめは、近隣の方や頑張っている人に贈るマスコットなどの材料費です。
募金の使い道を話し合った授業の中で、一番多くの子どもたちが「これをやりたい!」と
手を挙げたのは、こちらの使い道でした。

子どもたちは、気仙沼復興の為に大人たちが一生懸命立ちあがっているのを
目の前で見ていました。
だからこそ自分たちの出来る限りの「ありがとう」を伝えたかったのだと思います。

子どもたちが気仙沼のみなさんへ一軒一軒手渡しで届けた贈り物は
この手作りの「スマイルプレート」とお花です。




今回の記事ではこのスマイルプレートが届いた素敵なお店を紹介しようと思います。

Dsc_0023

私達が気仙沼を訪れた3月、
気仙沼の街をぶらぶらと散歩していた時に、このスマイルプレートを
たくさんのお店で目にしました。

まだどんなものを作って、どこへ届けたのかを知る前だったので
何気なく入ったお店で見つけた時、私もスタッフも大声をあげてしまったくらい
嬉しかったです。




Dsc_0017
復興屋台村・気仙沼横丁内にある「海産物店 リアスの国から」さん。

店主の右手にあるのはナイス!な気仙沼のアイドル「ほやボーヤ」です♪
この可愛さに私はぞっこんです!剣がさんまなのが気に入っています^^
(最近までやっていたドラマ「ATARU」の栗山千明の部屋にも飾ってあった!)

こちらのお店では、私も本当に本当にはまってしまった気仙沼のソウルフード
「気仙沼クリームサンド」が売っています!!!
他にも美味しいふかひれスープもあったり、ホヤぼーやグッズもあったり、
お土産を買うならここ!です^^
通販もできます☆(http://www.rakuten.co.jp/fukahirehonpo/



Dsc_0018_2
復興屋台村・気仙沼横丁内の「及庄海草店」さん。

こちらで購入したあおさ、とーーーーーっても美味しかったです♪
帰宅する日に行けたらもっと色々食べてみたい物がありました!
気仙沼だから手に入らない美味しい物ばかりです^^
http://www.fukko-yatai.com/guide/oisyo/




Dsc_0025
本当にどうしていいかわからない程美味しい笹かまを売っている「いちまる」さん。
(「復興屋台村・気仙沼横丁」さんのすぐそばです♪)

私は「厚焼笹かまぼこ」にぞっこんで、心からお勧めします☆
ふわっとしているけどしすぎない、甘みと塩加減が絶妙です!
「気仙沼復興物産市」さん、「リアスの国から」さんで通販も可能です♪
http://www.ishiwatashoten.co.jp/b_item/meisan/meisan001.html
http://www.rakuten.co.jp/fukahirehonpo/




120322_17_17_42
気仙沼復興商店街・南町紫市場内にある「シャークス」さん。

喫茶店とサメ製品のお店です☆
サメ革のバックや小物、ワンちゃん用の無添加のサメジャーキーや、
アンチエイジングに欠かせないスクワランオイルなど、
とても品質の良い物を手ごろなお値段で提供しています。

我が家のワンコはジャーキーを、私スクワランオイルを愛用しています!!
本当にとっても良いですよ~☆
銀座のTSビルにある東日本復興応援プロジェクトIN銀座さんのアンテナショップで
シャークスさんの商品が購入できます☆
http://www.ginza-fukkou.jp/index.html




120322_17_29_13
気仙沼復興商店街・南町紫市場内にある「Lander Blue」さん。

写真はオーナーの千葉さんとこどもカメラマンプロジェクトスタッフなぎちゃんです。
こちらのお店、とーーーってもオシャレショップで、都内のお店に負けないハイセンスな
洋服やアクセサリーがずらりと並んでいます。
商品は千葉さん自ら都内で買い付けをしているそうで、一つ一つの商品を
こだわりをもって丁寧にセレクトしていることがわかります。
私はヘンプの靴下を購入しましたが、これがとっても履き心地が良くてお気に入りです☆

お店の目印は写真のインディアンです!
気仙沼発のオシャレショップ!かなりオススメです☆






120324_8_39_18
私達の宿泊先「大鍋屋旅館」さん。

こちらの旅館は大島へ向かうフェリー乗り場エースポートの目の前に位置し、
正直最初に見た時は、残ったことが奇跡と思える程ぎりぎりの場所にありました。
旅館の周りは多くの建物が津波により流されました。
大鍋屋旅館さんも津波被害に遭っており、
その時のお話をおかみさんに伺いましたが、言葉もでないような恐怖を感じると同時に
おかみさんと温かな交流を持てた数日をとても尊く感じました。

貴重なお話本当にありがとうございました!

また滞在中は本当に良くして頂き、私の一生に残る旅館のひとつになりました。
今後も気仙沼訪問時はお世話になります!

そしてこちらのお嫁さんがとてつもなく楽しい方で、
いつかゆっくりその話術にまみれたい程素敵な方でした☆
またお会いしたいです^^

気仙沼から帰ってから、
気仙沼へ行かれる方にもれなく大鍋屋旅館さんをおすすめしています。
朝ごはんがまた、最高なんです~☆





最後に子ども達から気仙沼の皆様へ贈られたお手紙をご紹介します。



「がんばっている気仙沼の皆さんへ


私達は南気仙沼小学校の5年生です。
1学期に私達5年生は「総合的な学習」で「こどもカメラマンプロジェクト」に取り組みました。

一人一人がテーマを決めて震災後の気仙沼の様子や、人々の笑顔、
地域の自然や自分の身の回りのものなどをカメラにおさめていきました。

この学習に取り組み、いろいろな写真をとっていく中で
私たちは自分の生活や、生まれ育ったふるさと気仙沼、

学んでいる南気仙沼小学校のことを見つめ直すことができたと思います。
貴重な経験となりました。

みんなのとった写真は東京や名古屋、金沢など全国各地で展示され、
多くの方々に見ていただくことができました。
そこではたくさんの方々から義援金も寄せていただきました。

私たちはそのお金のつかい道を考えたのですが
「気仙沼の人たちに元気になってもらおう」
「花をおくって気仙沼を明るくしよう」ということになりました。

そこで今回私たちが心をこめて作ったマスコットをつけた
鉢植えの花をおくらさせていただきます。

私たちのふるさと気仙沼がもっともっと元気になれるようにという
願いをこめました。

どうぞ受けとって下さい。


南気仙沼小学校5年生一同」


Dsc_0022







« パクチーハウスさんでの初の土日展示終了しました!―スタッフくさなぎのレポート― | トップページ | こどもカメラマンプロジェクト写真展 in paxi house ☆しげちゃんレポート☆ »

こどもカメラマンプロジェクト」カテゴリの記事

トラックバック

« パクチーハウスさんでの初の土日展示終了しました!―スタッフくさなぎのレポート― | トップページ | こどもカメラマンプロジェクト写真展 in paxi house ☆しげちゃんレポート☆ »